成功事例 桑原 様

企業の会計サポートが日々の仕事という桑原さん。「いつか税理士になって、新しいサービスを作りたい!」

という夢のために、IT実践会でIT活用法を学んでいます。

 

桑原さんについて

会計事務所に勤めています。企業の会計支援が私の仕事で、30社のベンチャー企業を担当しています。

将来は税理士を目指しており、試験勉強もしています。

いつか、郊外の広い自宅で税理士として働きたい、オリジナルの税務サービスを開発したいという夢があります。

IT実践会に入会したきっかけは、会計事務所の社長から「将来のためになるから」と紹介されたからです。

私は早速入会し、IT活用法を学び始めました。

 

「会計業務にITを活用している人」との出会い

会員さんで、最初に出会い刺激を受けたのは、エクセルで作った会計データを経理専門ソフトに自動で変換するソフトを開発している方です。

これには驚きました。これを使うと、経理の業務がかなり軽減されます。こんな素晴らしい商品を自分も作ってみたいと思いました。

次に大きな刺激をいただいたのは、難解な経理ソフトの扱い方を、動画でいとも簡単に他人にレクチャーされている方でした。

経理ソフトのレクチャーは自分もしているので、これはすぐに真似しなければと思いました。

 

IT活用を現場で実践

研修をビデオ撮影し、新入社員は閲覧学習しているという会社がありました。

これは良いと思い、勤務先に提案しました。今では10個の研修がビデオ研修に置きかわりました。

IT実践会のノウハウは効率的に仕事をするための源なので、
今後も上司に効率化の提案をするために活用していきます。

お客様と合わない税理士サービスを作りたい

これは夢なのですが、いつか郊外に家を買い、ITを活用したお客様と会わない税理士サービスができないか考えています。

IT実践会で刺激を受けるほどアイデアが浮かぶのでとても楽しいです。

 

入会を検討している方へ

IT実践会員の方々は、各方面で活躍されている方々が多いので、いつも学ばせてもらっています。
IT実践会をすすめてもらえたことを感謝しています。

あなたもIT実践会に入って、前向きな刺激を一緒に受けましょう。

 

桑原様、貴重なお話をありがとうございました。

お問合せとお申込はこちら